鮭 専門店 新潟たけうち
トップ商品一覧お客様お喜びの声干した鮭へのこだわりこんなお店です。サイトマップ 
 

 


新潟たけうち おいしい理由  
 
お盆休み
 
 

めぬけ西京漬け

めぬけ西京漬け
説明枠
白身でプリっとした脂のあるめぬけ西京漬け。 
めぬけ…少し聞きなれないお魚ですよね。
体が赤く、比較的大きめのお魚で、釣り上げた時、
水圧の関係で目が飛び出すことから「メヌケ」と言われているそうです。
甘味噌との相性がとでもよく、少し豪華な食卓になりました。


ギフト各種

バーベキュー 干物

干物バーベキュー
説明枠
ポカポカ陽気が、多くなってきましたね。
バーベキューなど行かれる方も多いのではありませんか?
私は、人にお供させていただき、バーベキューを味わわせていただくことが多いですが、
好きな方はすごいですね!
日よけの屋根を簡単にたて、
バナーで簡単に火をおこし・・・。
  そんなバーベキューに、干物を焼いてみました。
まあ、意外性もなくけっこうメジャーにつかわれているかな・・・
というところもありますが、やっぱりおいしかったです。
保冷剤がわりに冷凍のまま保冷ボックスへ
解凍してから焼いてください。
比較的短時間で焼けますし、
甘塩で身の旨味がしっかりと引き出されていますので、味付け不要!
おすすめは・・・・。
全ての干物!
お酒のおつまにも、塩おにぎりにも最高です!
ぜひ、お試ししてみてください。


干物各種

青ひらす西京漬け

青ひらす西京漬け

説明枠
青ひらす西京漬け。
今回ひそかに出させていただいているお品物です。
あまりなじみがないよな・・・。と、思いながら焼いてみました。
切身は、結構大きめだったので、
フライパンにクッキングシートをひいて蓋をして弱火で10分〜…。
裏返しをしようとしたら、とってもふんわりやわらかで、
身がくずれてしまいそう。
フライ返しをつかって、やさしく返して、さらに5分ほど。
食べてみたら、甘めで脂のある食べやすい味わい。
焼きたてはもちろん。冷めても全然おいしいです!
ぜひ、お試ししてみてください。!


青ひらす西京漬け 5切 2160円

桜 開花しました。

桜 開花

説明枠
新潟市 桜 開花しました。
最近の新潟市は、ポカポカ天気になったと思ったら、
あられがふってきたりと、少し寒暖の差がはげしいように思えます。
そんな中でも、桜。
ちらずにがんばってくれています。
やっぱりきれいですね。
お弁当 傷まない工夫 1水分の多い食材はつかわない
説明枠
●夏場はレタスなどの生野菜はさけたほうがよいです。
プチトマトは、ヘタをとってつかうようにしましょう。
ゆでるなどの調理をした野菜に関しても、かつおぶしや、
ごまなどをまぶして、水気を吸わせる工夫をするのもよいと思います。
2ごはんは、しっかり冷ましていれる。
説明枠
●ご飯は、広げるなどして冷ましてからお弁当に入れるとよいです。
      この時、お酢をまぜても効果的です。
     梅干しをいれるのもご飯を傷ませないよい方法です。
3食材にはしっかりと火を通す。 鮭
説明枠
●食材にはよく火を通したものを入れてください。
本造り鮭、ますなどは塩分もしっかりしていますので、
お弁当には最適ですが、 火はしっかりめにお願いしますね。

たらこ
説明枠
●たらこなども、生や半生がお好きな方も多いですが、
暖かい日、じめじめした日などでは火を通した方が無難です。
すじこのおにぎりなども、すぐ食べるのでなければ、
冷ましたご飯で包んであげてください。

●塩分が強いので比較的強いものではありますが、
暖かい日やじめじめした日などはさけて、
保冷剤などで調節してあげると安心です。
4お弁当箱は、きれいに洗って、熱湯などをかけておくとよい
説明枠
お弁当箱は、きれいに洗って、熱湯などをかけて消毒しておくと安心でしょう。
お弁当箱を使う前に水でうすめたお酢でふいたり効果的。
また、もたせる前にお弁当箱のふたにわさびをぬっておくのも
殺菌作用があると言われています。

5食材は素手でさわらず
説明枠
お弁当箱に詰める時、手で食べ物にはふれない工夫が大切です。
箸をつかったり、ビニル手袋を使ったり…。
少し工夫してみてください。

おにぎりなども、素手でにぎらず、ラップをうまく使うと、
清潔で思わず簡単にできてしまいます。
気づかないで手に傷などがあった…。
なんてこともありますので、
おにぎりはラップで簡単ににぎってしまいましょう!

6お弁当ちょこっと工夫
説明枠
梅干し しょうが、カレー粉、酢をうまく利用すると、
より安心にお弁当生活を楽しむことが出来そうですよ。

また、茹でたあとでも水分がでそうな野菜などには、
かつおぶしやごまをまぶしたり、
のりをまいたりして水分をおさえてあげるなんて方法もあります。

夏場は、一口ゼリーを冷凍して、保冷剤代わりに入れるのもよいですよ。

また、保冷剤はできれば上下はさめて使うのが一番ですが、
2つなければ、お弁当の上にのせてあげてください。
熱は上にむかっていくので、上にのせたほうが効果的です。

かれいの油でジュッ

かれい油でジュッ

説明枠
1今回は、黒柳かれいをつかいました。
白身でさっぱりしたお魚をコクのある味わいに仕上げるお料理です。
2長ネギを白髪ねぎにします。
3 生姜汁と生姜の薄切りをつくります。
4お皿に白身のお魚をのせ、白髪ネギと生姜汁 
生姜の薄切りをのせます。
5お皿ごと蒸器にいれて10〜15分蒸します。
6別のお鍋に油を大5程いれ、温めます。
油はサラダ油でもゴマ油でもお好みで。
7蒸しあがった魚に、熱々の油をジュっとかけます。
8お醤油を少しかけて、お召し上がりください。

さば味噌 葱焼き

さば味噌焼き

佐渡産銀鮭

ふっくら銀鮭 佐渡銀 農林水産大臣賞

わかめ味噌汁

わかめ わかめ もどす

ページトップへ